△ページ上部へ
トイレ 交換 工事

4/27(土)、4/28(日)、4/29(月)、4/30(火)、5/1(水)、5/2(木)、5/3(金)、5/4(土)、5/5(日)、5/6(月)までお休みさせて頂きます。

洋式トイレ(便器)/ウォシュレット支給品取り付け専門サイト

お客さまで すでに購入済の製品または、これからネットショップや、ホームセンターなどで購入された製品の取付のみでお伺いいたします

 

下記、赤いリンク集からご覧ください

メールで画像を送付をする 便座の交換依頼 止水栓ってなに? 便器の交換ご依頼のチェック項目ながれ 便器の選定で見るところを詳しく解説 便器の交換受注製品一覧 とりつけ補償 こうかん費用/価格表一覧 支給品のメリット 支給品のデメリット お支払方法 取付サービスの訪問エリア

①ウォシュレット便座交換取り付け

戸建てのトイレ交換
 

②戸建ての洋式トイレから洋式トイレの交換

戸建てのトイレ交換

面倒な選定は お手伝いします

スマートホンや携帯電話から、現場のカンタンな状況確認のため画像の送付をお願いしています。

メールでかんたんお見積り

<便座の交換だけの方> <トイレ本体の交換で必要な現場画像>

①<ウォシュレット交換の方は、お家の築年数を教えてください 全体画像を1枚>

・トイレの全体写真で1枚
・便器型番と タンク型番 の写真をそれぞれ1枚づつ

②<止水栓の画像を1枚>

・合計で3枚の画像をお願いします

◆築年数が比較的あたらしいお宅

築19年以下のお客様 タンク背面と壁のすきまの写真を追加でお願いします。

トイレの止水栓って?

組合せ便器へ設置するウォシュレットは、画像のような止水栓から分岐してウォシュレットへ接続します。 

    ウォシュレット 工事パック

止水栓には【ハンドル式】【ドライバー式】があります。

ウォシュレットの分岐金具

ウォシュレット 工事パック

※止水栓本体の先端に分岐金具がついている場合 別途止水の上部ハンドル部品が必要となります。

ウォシュレット 工事パック

<トイレの本体交換のお客さま用 ご依頼簡単チェック項目 >

・戸建ての方 
・マンション団地の方 すみませんご案内の対象外です ×
・床が腐食している ×
・ネットで買い物できる方(Yahoo!ショッピングや楽天市場など)
・内装といっしょに施工 ×
・欲しいトイレ(便器)がTOTO以外 ×
・手洗いが壁に設置するタイプが欲しい(システムトイレ)(タンクが収納で隠れるタイプ)×
・業者の方 ×

まずは概算を確認したい方

現場の画像をお送りください

メールリンクから現場の画像を送信できます

または、現地でご相談のお客様は、電話で日程の予約をお願い致します

製品がきまったら!

トイレ本体製品がお決まりのお客様は製品本体をネット発注お願い致します

製品の到着日と ご希望の施工日をおしらせください

ご指定の日にお伺いし交換作業をさせて戴きます。

交換の作業時間は2時間です

<ご確認事項>

お家のまえに作業の車ががとまります
作業中はお水が止まります元栓を閉めます
洗濯機は すみませんが止めてください
振動ドリルや電動ドリルで音がでます
電動サンダーで塩ビ管を切断するとき
プラスチック類が焦げるにおいが出ます
状況によりバーナーを使用します、焦げるにおいが出ます

 

◆築年数が19年以下のお客様
お時間は2時間よりすこし前に終わります

◆築年数が20年以上のお客さま
お時間は2時間ちょっとかかるかもしれません

念のため 余裕をみて戴いて完了まで3時間予定してください

作業の完了

現場でお支払 現地で領収書をお渡しいたします。
※振込み(総額から振込み手数料を引いて戴いて、7日以内でお振込み)
※カード不可

<お見積り 内訳詳細 工事の価格一覧表>

掲載価格は 消費税8%

 

ウォシュレット単体の 交換作業のご依頼だけ依頼したい方
(便座の交換は 現地見積りしていません) 

【交換の工賃1台¥7,500】 オート洗浄機能なしの製品に限ります
【撤去した製品の運搬処分¥1,000】

<工¥7,500+処¥1,000= 合計金額¥9,180税込

 

便器+タンク+ウォシュレット/3点セットの工事費
または
ウォシュレット一体形便器 交換作業 / 内訳

【交換の工賃1台¥23,000】
【撤去した製品の運搬処分¥3,000】
【消耗品雑材¥1,500】

<工¥23,000+処3,000¥+雑¥1,500+= 合計金額¥29,700税込

 

ウォシュレットは お客さまにて取付けできる方
便器とタンクだけの交換作業のご依頼/内訳

【交換の工賃1台¥21,000】
【撤去した製品の運搬処分¥3,000】
【消耗品雑材¥1,500】

<工¥21,000+処3,000¥+雑¥1,500+= 合計金額¥27,540税込

 

ウォシュレット機能部の交換作業の請負価格

【交換の工賃1台¥16,000】
【撤去した製品の運搬処分¥2,000】

<工¥16,000+処¥2,000= 合計金額¥19,440税込

TOTOタンク交換/SH品番
TOTO 樹脂タンクの内部一式交換作業費用

【交換の工賃1台¥12,000】
【撤去した製品の運搬処分¥1,500】

<工¥12,000+処¥1,500= 作業費の合計金額¥14,580税込

 

※交換部材はHH品番となります

<標示の価格で お伺いできる地域 14エリア>

<都内>江戸川区

<千葉>
習志野市、船橋市、市川市、浦安市、四街道市、八千代市、佐倉市、千葉市若葉区、千葉市稲毛区、千葉市美浜区、千葉市花見川区、千葉市中央区、千葉市緑区
※市区から外れている/隣接地の場合はお問合せください

かんたんトイレ製品選定のやりかた

トイレ交換で調べることは基本2つ。

給水管の位置がどこか?

・画像のひだりは給水管が床から来てタンクに接続されています。
・タンクの右側がギリギリで製品の横幅に注意して選定が必要です。
・右の画像。タンク背面の棚にぶつかりそう。あたらしい便器を設置しても当たらないかを注意して選定します。

全体の画像1枚もらえるだけでもいろいろわかります。

かんたんトイレ製品選定方法

お電話でご案内をもとめられるときも同じですがコレをしないことには、先に進めないくらい大事です。

①便器に貼ってある型番シールを見る

便器正面から、(しゃがんで)見て左側面か、右側面にはってあるシールを見てください。

画像のようにCZ BC C CS GBC このシールが貼ってあります。

松下電工の場合はCH

かんたんトイレ製品選定方法

この型番を教えていただければ便器だけの図面は出てきます。
排水の位置はこれでわかります。

見積りの時点で 便器を外して排水位置を測ることはまずしません
そのための型番しらべです。
現場に行ったとしても画像で解説しているヵ所をみています。

かんたんトイレ製品選定方法 かんたんトイレ製品選定方法

次に築年数が20年を超えていないお宅の場合、背面スペースがあるかを見る

③外観を見ることでわかること

うしろ壁とタンク背面の間にすき間がある?◎
一番狭いヵ所、スペースの無いヵ所で測ります。

現場のトイレがTOTOで、200芯便器、Zシリーズなど一体型かネオレストの場合は通常11ミリ空いてます。
組合せ便器の場合は20mm空いていると床の排水管の位置は後ろ壁から200mmです。
一番狭いヵ所が背面が20mm以上あいている場合は問題なく交換可能です。

かんたんトイレ製品選定方法

すき間が無い・・ほぼ無い場合。床排水管がズレていないかこのように確認してます。
標準施工で20mmのスキ間がでるハズの製品の場合は、床下からの排水立ち上がりの芯が180mmの可能性があります。

かんたんトイレ製品選定方法

②給水管の位置を確認する

・画像のひだりは給水管が床から来てタンクに接続されています。
・タンクの右側がギリギリで製品の横幅に注意して選定が必要です。
・右の画像。タンク背面の棚にぶつかりそう。あたらしい便器を設置しても当たらないか 高さや背面スペースに注意して選定します。

全体の画像1枚だけだと足りないですが・・いろいろわかります。

かんたんトイレ製品選定方法

まとめ

便器の型番全体画像から排水管と給水位置の確認ができます。

トイレはたくさんあります!

メーカーもたくさんです TOTO LIXIL パナソニック ジャニス アサヒ衛陶 ・・

 

このような中でも、ほかのメーカーがお好きなお客様にはすみませんが・・・

   

<支給品施工>で受注するのは、TOTOの便器とタンクとウォシュレットまたは一体形とよばる 単体製品に限ります。

壁に設置する カウンタータイプの手洗いがセットは対象外となります。 

TOTO製品名称一覧  ネオレストAH
ネオレストRH
ネオレストDH
ピュアレストEX
ピュアレストQR
GG
GG800
CFS367
CFS366
CFS370
CFS371

 

10年以上、毎日使うトイレです。実際にTOTOショールームへ行って実物を見られたほうがこまかな疑問も解消できて良いと思いますが

そこまでではない方

便器やウォシュレット製品の画像や説明をホームページ内で掲載していますので画像や機能をご覧になりたい方は、各リンクをクリック

 

コチラ/一体形トイレのカタログ

コチラ/便座別売りの組合せ便器のカタログ

コチラ/ウォシュレットや便座のカタログ

支給品をすすめる理由 メリット/デメリット

メリット

とにかく安い!

工事店の製品販売価格より変動はありますが ネットショップ店の方が安く本体を買える

インターネットで便器や、洗面化粧台、ユニットバスまで一般のお客さまが問屋を経由せずに購入できるようになっています

製品だけを売るお店が多数 あり、一度の仕入の台数によって問屋から店舗におろされる値段は下がり、一般のお客様でも60%~75%、またはそれ以上の値引き率(かけ率)でトイレ本体を購入することができます。
時期によっては期間限定の値引きもあったりします。
もうたたき売りにしか見えません。

ご自身でパソコン・タブレット、スマートホンからサイトで注文する環境をおもちの方であればトータル金額をさげることができるとおもいます。

このような条件を満たし、取付だけを必要とするお客様をターゲットにしたものが<支給品の施工>

<取付だけを代行する 取付工事の販売>となります。

  

ネット購入のススメ:メリットとデメリット解説つづき

インターネット上で とても安く売られているのは知ってはいるが・・・
一般のお客様からすればどれも同じ製品にみえるものも多くあり、見分けがつかない、設置ができるかどうか調べ方から調べるのはとっても面倒くさい。。。
のではないでしょうか?
実際によく調べることをせず買ってしまって後悔してる方もたくさんいると思います 
何度かみたことありますし、相談もうけたことあります。システムトイレで排水方向間違えた・・とか
(衛生製品は一度、発送されていまうとキャンセルが厳しいです)

 

デメリット

<製品を間違えたら設置ができない>かも・・・

<型番を間違えたら余分な工事請求が発生する>かも・・・不安

その通りです。だからしつこく確認してます。
通常の交換で済むものが余分な作業や材料、買いなおしが必要になってしまうこともあります。
お店の職人も当日ポッカリと作業が空いてしまう為、当日分のキャンセル料が発生するなんてこもあると思います。

それぞれの器具には必ず、メーカー指定の<設置条件>があり、細かい字で記載された施工説明書を理解の上 製品を選定し、購入されないと 本体を再購入せざる負えない状況もあります。

   

デメリット

・じぶんでネット注文して製品の受け取りもしなければいけない
・運送業者さんや、メーカーの直送便(何時にくるかわかりません)、玄関前荷下ろし。
 荷下ろしのお手伝い、多少運搬がつきものです。
・製品梱包のゴミは自分で処理することになります。

 

すこしでも交換にかかる経費を下げたい
お客様向けの施工サービスです。

※お支払

お支払/ 一般のお客様

・工事完了後の現金でのお支払い (領収書の保管を5年間お願い致します)

・金融機関 お振込み 工事の完了日~7日以内に振込み手数料を引いた金額をお振込み

(お振込みの控えの保管を5年間お願い致します)

お支払の方法は、上記いづれかのお支払方法となります

<工事の補償内容について>

適切な維持管理を前提とし保証期間内であるもの

本証書叉は当店発行の該当工事の領収書(金融機関用紙)の提示があるもの

◆器具本体の保証はメーカー対応となります。

<対象とならないもの>

 

排水管のつまり(取付け工事)

トイレのつまり(取付け工事)

使用上の過失、お客様方での修理、改修によるもの

本工事接続部から外れる配管部、既設管の経年劣化に起因するもの(錆びなど)

火災、地震、水害、落雷、公害、天災、また異常な電圧によるもの

補償の期間を過ぎたもの

<対象となるもの・無償修理>

当店加入の事業賠償責任保険会社での調査と査定 復旧作業での対応となります。

[期間5年]

給水管、給湯管、排水接続不良によるもの(漏水) 不良部材の交換、復旧

◆現場調査のうえ、対象外であった場合は有償となります

<部品交換 補修の補償>

[期間1年]

・部品本体の不良(対象部品交換)

・部品の接続設置不良(復旧)

※既設の管に起因する作動不良は対象外(錆びつまりなど)

<排水管 下水 一般住宅>

洗浄後のつまり再発 6か月以内の再発は無償で再洗浄

補償の対象外となるもの

敷設から20年を経過し、排水管自体の強度が低下した管本体叉は継手類の欠損

つまりの原因が管内の(沈下 勾配 根の侵入 管の変形破損)による再発

最終桝が設置されていない。公桝まで直結、洗浄後に流れの確認が出来ない現場

4mを超えても(桝)(掃除口)が設置されていない現場

増築した家の下に下水の桝がある場合

 

桝をコンクリートで埋めてしまっている現場

<2019年4月 以前のお客様/補償掲載内容>

【工事 施工保証】

適切な維持管理を前提とし保証期間内であるもの

本証書叉は当店発行の該当工事の領収書(金融機関用紙)の提示があるもの

◆器具本体についてはメーカー対応となります。

<対象とならないもの>
・排水管のつまり(取付け工事)
・トイレのつまり(取付け工事)
・使用上の過失、お客様方での修理、改修によるもの
・本工事接続部外の元々の配管、既存配管の経年劣化に起因するもの
・火災、地震、水害、落雷、公害、天災、また異常な電圧によるもの

<対象となるもの・無償修理>
[期間5年]
・給水管、給湯管、排水接続不良によるもの(漏水)不良部材の交換、復旧

[期間5年]
・設置の不具合(業務使用2年)(再設置)

[期間2年]
・内装工事
材料の剥離 浮き上がり 下地補強材変形
(補修及び 復旧)
※既存の下地に起因するものは除外

・電気配線接続工事
動作 取付け不良
(部材の交換 復旧)

◆一般住宅を除く現場の工事
(会社 店舗 施設など)
施工保証期間2年

◆現場調査のうえ、対象外であった場合は通常対応

<部品交換 補修>
[期間1年]
・部品本体の不良(対象部品交換)
・部品の接続設置不良(復旧)
※既存配管に起因する作動不良は対象外

<排水管 下水のつまり 一般住宅>
[期間1年]
トーラー 高圧洗浄作業

[保証の除外事項]
・敷設から20年を経過した排水管本体叉は継手類
・排水管の(沈下 勾配 根の侵入 管の変形破損)による再発
・最終桝、叉は流れの確認が出来ない現場
・移設またはトイレの着脱作業に伴う温水洗浄便座など器機の作動

※敷設20年を超える排水管本体等、管自体の劣化が想定される為、所有者様(オーナー様)不動産管理会社様の承諾許可のもと、作業となります。

メールで画像を送付をする 便座の交換依頼 止水栓ってなに? 便器の交換ご依頼のチェック項目ながれ 便器の選定で見るところを詳しく解説 便器の交換受注製品一覧 とりつけ補償 こうかん費用/価格表一覧 支給品のメリット 支給品のデメリット お支払方法 取付サービスの訪問エリア

施工例